革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/10/18

【Maison Marjiela 修理】メゾンマルジェラ レザージャケット 紺色から黒にカラーチェンジ(色替え)しました

こんにちは

革研究所 世田谷店です。

 

メゾン マルジェラ レザージャケットのご紹介です。

使用感の少ないボマージャケットですが色が今一つ気に入られないそうで

持ち合せの服に合わせやすい黒にカラーチェンジしてほしいとのご依頼をいただきました。

 

Before  

After

Before 

After

Before  

After  

Before 

After 

Before 

After

Before 複雑なデザインで肩に二箇所取り外しができるようファスナーがついていました

After ファスナー部分をマスキングして生地の色を残しました

Before

After

 

10月も半ばを過ぎ気候もさわやかでいよいよ秋冬物に衣替えのシーズンとなってきました。

夏場はほとんどなかった革ジャンや衣料の修理のお問合わせが増えてきました。

 

レザージャケットの修理で多いのは

・ラムレザーなど柔らかい革の破れの修理

・経年や使用ですれや色はげの補修

・保管時に起きてしまった日焼けによる色あせ(秋になると多いです)

などとなります。

いずれも修理の対応を行っていますが秋・冬はオンシーズンなので一気に

ご依頼が増えてきます。

 

ご依頼をいただいたレザージャケットはメゾンマルジェラで

フランスのファッションアパレルブランドのものとなります。

 

年代・性別を問わず人気のあるブランドですので修理でも

よくバッグや財布・レザージャケットまた靴などのご依頼をいただきます。

数字の入ったブランドタグが四方を糸で留められおりその意匠が特徴的なので

すぐにマルジェラだと分かります。

 

お客様から教えていただいたのですがご依頼のものはレプリカラインと呼ばれ

過去の洋服の中から優れたものをピックアップして復刻したラインで生産数がとても少なく

ご依頼のジャケットは日本に二着しか入って来なかった希少なものだそうです。

 

レプリカラインの説明の入ったタグ

初めて拝見しました。

 

 

ちなみにこちらのレザージャケットは1980年代初頭のドイツのベルリンの

ボマージャケットをモチーフにして作られたようです。

 

肩口に二箇所取り外しができるようファスナーが付けられた凝ったデザインで

マルジェラの革製品は革質もよく重厚感があるデザインですが

しなやかな革が使われたかっこいいジャケットでした。

 

お客様は購入されたとあまり着用されなかったそうで理由は色が今一つ気に入らず

持ち合せの服に合わせやすい黒にカラーチェンジをご希望でした。

当方のレザージャケットのカラーチェンジの修理ブログをご覧になって

お問合わせをいただきました。

 

このようなデザインのカラーチェンジですが

仕様上 袖や腰回りのリブニットはカラーチェンジができませんので現状となります。

 

ファスナーの布はカラーチェンジができますが素材がポリエステルというこもあり

塗料の染み込みが弱くファスナーの開封の作動ですれるので色落ちがしやすくなります。

 

その内容をお伝えしたところリブが元色で残るのでそちらに合わせて色を替えずに

残してほしいとのご依頼になりました。

 

カラーチェンジですが基本的に

薄い色 → 濃い色へが可能です。

替えたい色が元色より濃ければ可能ですが

黒・こげ茶・濃紺などは染料で下染めをして色の土台を作り

その後顔料(油性)で本塗装ができるので工程が二回になり仕上がりよくできます。

今回は紺色かや黒ですので問題なくカラーチェンジが可能となります。

 

カラーチェンジの工程は

・クリーニングしてしっかり汚れを落とす

 今回ご依頼のものは使用頻度が少ないので軽く行う程度で大丈夫ですが経年したものや

 着用感のあるものは襟や袖口など染み込んだ脂分をしっかり落とさなければなりません。

・革の表面を軽く研磨して塗料の密着性を上げる下処理

・非施工面をマスキング処理

 複雑なデザインに加えファスナー箇所が通常より多いので

 たいへん時間のかかる作業ですが仕上がりに関わるのでていねいに行います。

 リブはニットなのでマスキングテープの密着が弱いので苦心しました。

・黒の染料での下染め

 下染めの段階でしっかりと黒い色の土台ができればその後の顔料の塗布の量を少なく

 できるので全体にスプレーガンで染料を塗布した後 手作業で機械では染料の入りにくい

 革の縫製面の奥などを筆を使って黒くしていきます。

・革の補修溶剤を浸透させて革質を改善し革に潤いを出す下準備

・黒い顔料を塗布して色を均一にする染め直し

 革のシボ(シワ)が深く面積もあるので色にムラが出ないよう塗布・乾燥後

 確認しながら進めます。

 ジャケットなど複数の革をつないで一枚の面にしてあるので

 革質の違いで染み込みの差異があり同じ黒でも色の濃淡が出る場合があるので

 注意しなければなりません。

・仕上げに色止めとツヤの調整のクリアー塗装

となります。

 

レザージャケットの染め直しやカラーチェンジは面積があるので

工程も多く時間がたいへんかかります。

今回も複雑なデザインなので非施工面のマスキング処理に苦心しましたが

下染め・本塗装でしっかり黒にカラーチェンジができました。

残った元色の紺のリブやファスナーとのコントラストもはっきりして

雰囲気は変わりました。

ご希望の色にできましたので着用いただく機会はこれから増えますね。

 

お客様にも仕上がりをたいへん喜んでいただきことができました。

希少なジャケットのカラーチェンジのご依頼をいただきありがとうございました。

 

同じメゾンマルジェラのショルダーバッグの事例

こげ茶から黒にカラーチェンジしました。

こちらも色があまり気に入らなかったそうで黒への希望です。

ブランドタグを留める白い糸の色を残す作業でたいへん苦心しましたが

しっかり糸目の色が残せました。

黒になると大きく雰囲気が変わりますので使う機会が増えたそうです。

 

Before

After

Before

After

 

修理は傷みが少ない内が仕上がりもよくでき費用を抑えることができます。

修理をご検討の方は早めのご依頼をおすすめいたします。

 

バッグ  かばん 財布 靴 革ジャン 革衣類など革製品の

修理 補修 染め直し 縫製やファスナー交換を承っています。

エナメル素材も対応いたします。

 

革のことならお気軽に 

革研究所 世田谷店にお問合わせください。

 

東京都世田谷区新町2-17-9

TEL:03-6426-8548

info-setagaya@kawa-kenkyujyo.net

 

ご来店は13-18時で承っております。

事前にご都合を連絡していただけますようお願いいたします。

定休日:火曜日

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 世田谷店

代表者 酒井 大亮
所在地 〒154-0014 東京都世田谷区新町2-17-9
※ご来店の際は事前にご連絡下さい。
TEL 03-6426-8548

対応エリア
東京都世田谷区近隣エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP